CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックス

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックスとは

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックス(レジン)とは、保険適用の白い被せ物としてご存知の方も増えてきているようです。

ハイブリッドセラミックス(レジン)は、プラスチックとセラミックスを合わせた素材となります。色は白い素材となります。CAD/CAM冠は、ハイブリッドセラミックス素材の白いブロックを、「CAD/CAM」という機械を使って作製する歯の被せ物となります。

つまり、CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックスとは、CAD/CAMを用いて作製するハイブリッドセラミックスの白い被せ物ということです。

この白い被せ物の保険適用の範囲は、2014年からの保険改定によって、徐々に適用範囲が広がっており、1~7番の歯が対象となっております。但し、保険適用で治療行うには適用条件がございますので、ご来院の際に診察のうえでご案内しております。

図:保険適用の歯

保険適用の歯

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックスの特徴

メリットデメリットとしては、次の通りです。

メリット

  • 見た目は、白い歯に仕上がる
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーが心配な方も使用できる
  • 適用条件に合えば、保険適用となる

デメリット

  • 噛む力が強いと、割れることもある
  • 長期間経つと、着色や変色などの変化はある

上記のようなメリット・デメリットがあるため、治療する部位や噛む力が強い方、審美性を重視する場合などは、不向きなこともあります。

不向きな場合は、保険適用の金属の素材や、自由診療のジルコニアや、オールセラミックスなどをご案内させていただくことが可能です。

治療を受けるには

ここまでのご説明の通りCAD/CAM冠ハイブリッドセラミックスの治療を受ける際、保険適用となるには、適用条件があります。また、治療場所などによって向き不向きがあります。

治療を受けるには、まずはお口の中、歯の状態を検査、診断のうえで、治療方法、選択肢をご提案させていただいております。

CAD/CAM冠ハイブリッドセラミックスにご興味をお持ちの方、ご希望の方は、まずはお気軽に診察をご予約ください。当院の診察は、インターネットからも受け付けております。